長引く痔の症状は早めに治療しよう|専門医は病院選びから始める

doctor

手術入院とは

nurse

病気発症の流れ

私は今から3年前の48歳の時に痔を発症し入院して手術を行いました。その時、まず痔の症状が出始めたのはトイレで出血を起こすようになったことです。それまで時々出血を起こすことはありましたが、その時は一向に出血の症状が止まらなくなってしまいました。そこで肛門専門病院に行って診てもらったところ、外痔核であることがわかりました。外痔核とは肛門の外側に出来るイボ痔のことであり、その時は取りあえず出血を止める軟膏の薬を処方してもらいました。ただその時に病院の先生に言われましたのは、出血の症状を止めることは一時期的なことであり痔の完治には手術が必要であると言われました。私はしばらく軟膏の薬をつけて出血を止めることにしました。

手術の動き

それから出血の症状は止まりましたが痔が完治した訳ではありませんでした。病院の先生が言われたように緊急性はありませんが、いずれ手術をしなければ完治することは無いことは常に頭にありました。そこで私は痔を発症してから約半年後に思い切って痔の手術を行うことにしました。ちょうどその年に勤続25年のリフレッシュ休暇がありましたので、約二週間休みを取り手術を行うことにしました。手術は入院翌日に行われ、下半身麻酔で約40分程度で痔の切除手術は終りました。術後約6時間ほどは麻酔が効いていましたので痛みを感じることはありませんでしたが、麻酔が切れた途端痛みが半端なくありました。その日の夜は痛みでほとんど寝れませんでしたが、その後痛みは治まり10日後には無事に退院することが出来ました。

人気の内服薬の注意点

先生

足先にかけておこる問題には爪水虫があります。この爪水虫は皮膚の病気とされています。この爪水虫の治療方法では塗り薬が一般的に用いられていますが、その塗り薬では限度があるため、飲み薬が今、服用されています。

クリニックは便利さで選ぶ

nurse

西新宿には駅からすぐの通いやすい立地に皮膚科のクリニックがあり、仕事帰りや買い物帰りなど、気軽に受診することが可能です。皮膚疾患は早い段階できちんと治すことが必要なので、こうした通いやすい環境のクリニックを選ぶことで、早く、きれいに治すことができるでしょう。

美しい素肌を取り戻すケア

医者

大阪の美容皮膚科ではプラセンタを肌に注入する美肌ケアの施術法が採用されています。プラセンタの注入により美肌に不可欠な土台が形成されることで、素肌に美白や潤いが増してくるのです。拠って、施術回数を重ねる事で、若々しい肌へと生まれ変わります。